長かった梅雨が明けると、いきなり猛暑となりました。

皆さま、快適に過ごされていますでしょうか?

 

近年の日本の夏は異常続きで、最高気温は毎年更新されています。

この猛暑の中、熱中症にならず、いかに快適・健康に、そして省エネルギーに過ごすかが、現代の生活ではとても大事です。

 

通風(窓を開けて風を通すこと)で涼を感じられたのは一昔前のことで、外気温度が28℃を超えてくると通風で涼をとることは出来ません。

 

現代の生活では、文明の利器である「エアコン」を上手に利用することが重要です。

しかし、エアコンを嫌がる方も多く、エアコンがあるにもかかわらず熱中症になってしまう高齢者のニュースが毎日のように報道されています。

 

エアコンを使用しない理由は色々あると思いますが、一番は冷たい風が苦手という人が多いのではないでしょうか。

エアコンの吹出口からは、概ね15℃ぐらいの冷たい風が吹出しています。

夏は薄着をであるため、15℃の空気が直接肌に触れると体温調整能力に変調が起こります。

これがいわゆるクーラー病ですが、冷え過ぎは足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛などを引き起こてしまいます。

 

一般的には、冷房時の人体に優しい室温は外気温度-5℃が望ましく、外が暑いからと言って極端に室内を低い温度にすると、上記のように体温維持メカニズムを狂わせてしまいます。

 

では、快適で健康に良い冷房を実現するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

その答えはエアコンと扇風機を上手に使うことです。

ポイントはエアコンと扇風機の位置関係にあり、上手に活用することによって28℃の室温でも快適な体感を得ることが出来ます。

人体の温冷感は温度、湿度、気流、輻射温度に影響されます。

この4要素を制御することによって、24℃室内にいるのと同じような快適性を得ることが出来ます。

既存住宅は断熱性能を変えることは出来ないので、温度、湿度、気流を制御して、快適な室内を作っていきましょう。

 

やり方は簡単です。エアコンの直下に扇風機を置き、扇風機の風向きは天井に向けます。エアコンから吹出される空気と扇風機で送る空気をミキシングさせて天井を冷却し、天井から発される温度(輻射温度)を下げます。

 

こうすることによって冷たい風が直接肌に触れることなく、またムラも少なく、部屋全体を冷やすことができます。

全館空調システム「コンフォート24」には、この仕組みが内臓されています。

 

さらに、ブラインド、カーテンなど日射の遮へいをすると冷房効果を高めるためることができます。

新築の住宅ですと高断熱・高気密化できるので外壁温度も制御でき、このような住宅に「コンフォート24」を導入すると、昨今のように暑い夏でも一日中・家中どこでも27℃±1.5℃という快適な温熱環境が形成できます。

 

しかもエアコン1台で家中の空調をコントロールできるので「省エネルギー」、家計にも優しいですね。

太陽光発電設備を導入すると、太陽光で発電した電力で「全館空調」も可能です。

 

それでは、暑さに気をつけてこの夏を乗り切ってください。

「全館空調」に関して、ご興味を持たれましたらぜひご連絡ください。

 

コンフォート24

開発者 落合 総一郎