お客様の声

お施主様の声

  • 導入前は、冬場に22℃では寒くて絶対無理だと思っていたのですが、実際に住んでみて、最初は24℃にしていたら暑く感じました。今は寝る時、設定温度を20℃まで下げていますが、明け方も全く寒さを感じません。
    (厚岸町・T様)

  • どの住宅展示場もスリッパを並べているけれども、コンフォート24導入のお宅を見学したときは、靴を脱いで上がった瞬間に暖かさを感じました。主人は冷え性で花粉症もあるのですが、全く寒さも花粉も感じなかったです。こんな家もあるのだと初めて知りました。
    当然、新居にはコンフォート24を採用。本当にどの部屋も同じ温度の中にいると、窓の外が寒いのか暑いのか分からなくなります。入居したての頃ですが、上着も着ずに玄関から外に出て、あまりの寒さに驚いたことがありました。家の暖かさが本当にありがたいと思いました。
    (愛知県・I様)

  • この家に住んでから、子どものアトピーがほとんど出なくなりました。それがこの家のつくりなのか、空気なのかはわかりませんが、何もなかったように元気に過ごしている子どもを見ていると、それだけで幸せです。
    (札幌市・A様)

  • 冬暖かくて、夏涼しいというのはストレスなく暮らすために一番必要なことではないかと思います。子どもが床をゴロゴロしているうちに寝てしまっても、床が暖かいから安心して見ていられるし、キッチンの床が暖かいのも、今は当たり前になってしまいましたが、とてもありがたいです。
    (東京都・A様)

  • 本当に快適ということは、「その空間にいて何も考えなくていい」ことだと知りました。温度や気流のことを感じてしまうようでは、本当の快適ではないのだと思います。
    (釧路市・Y様)

プロの方の声

  • 導入前はエアコン1台で本当に大丈夫だろうか、と正直心配でした。しかし導入後は、非常に細かいお客様でしたが大満足されて、その後、何度足を運んでも本当に快適の様子でした。住んでいる方がこれほど満足されているのに勇気づけられ、自社のモデルハウスへの導入にも踏み切ることができました。
    (岩見沢市・山本建業(株)様)

  • 家と空調の性能を合わせるというプロセスは、とても大事だと思います。いくら見栄えの良い家をつくっても、住む方が快適だと感じなければダメ。家は作品ではなく、住む方に満足していただけることが大事。本当に良い空調を入れてくれてありがたいと思っています。
    (建築士/東京都・T様)

  • この空調システムを見ていると、性能が安定していることが分かります。家の形が変わると空調の性能が変わってしまい、結局そのしわ寄せが現場にくるケースが多いからです。本当によくできた仕組みだと思います。
    (設備業者/名古屋市・J様)

  • 寒冷地でも確かな性能を出す空調システムを探している中で、コンフォート24に出会いました。熱源と搬送を分離するという一見難しい理屈を、エアコンとファンでシンプルな機構で実現されていることに技術の確かさを感じました。
    (工務店/室蘭市・U様)

  • 住宅の断熱性能を上げていけば、いつかはエアコン1台で全館空調ができると思っていました。良い空調設備を入れることは結局、住宅性能の良さを示すことになるので、お客様に喜んでいただけることだと思いました。
    (工務店/札幌市・H様)